浅草実店舗を武器にしたインバウンドマーケティング、TシャツのOEM

観光地での大衆向け店舗販売

  • HOME »
  • 観光地での大衆向け店舗販売

外国人向けの観光お土産に自信あり

マーケティングデータに基づいた観光客へのアプローチ

 私どもは2011年から浅草を拠点に、外国人向けのお土産の購買の調査、マーケティングを行っております。実際に浅草寺のすぐそばに実店舗「Sparkle®」を構え、外国人観光客向けのお土産に特化して、商品とサービスの両面からデータを蓄積しておりお客様に喜んでいただけるよう活用しています。

 取り扱いの商品はABC分析をベースに日々入れ替えを行っており、具体的に売れる商品の選別には自信を裏付けるデータがあります。Tシャツ、キーホルダー、マグネットなど観光地では沢山の種類がいろいろなメーカーから発売されて販売されております。「Sparkle®」では、それらそれぞれの商品100種から300種類を実際に販売して売れ筋を把握しております。2011年~2019年まで具体的に100社以上のインバウンド商材をテスト販売いたしました。実売データを保持しており、それは当社だけの強みであると自負しております。

たくさん売れる価格。

商品の価格に関しても、売れるアイテムの調査はもとより価格帯を世界の観光地からデータを集め、また日本を訪れる観光客の消費動向観光客統計を駆使してお土産屋の運営に生かしております。お客様には割安に感じて頂けるプライスをご提案できる製品を開発しております。

例えば、Tシャツの価格ですが、各国の主要観光地でのお土産価格は400円~1300円です。マグネットは70円~800円、ソックスは120円~800円などお土産のプライスゾーンは存在しています。それを基準に観光客はお土産を探しています。(アメリカ、韓国、タイ、フランス、ベトナム、ドイツ、ブラジル、インドの観光地参照)旅行で使えるお金は前に述べた観光客の消費動向からも読み取れるように、Tシャツ1枚5000円でしたら買うのもためらいます。浅草でも新しい店はどんどん出店されますが、そのようなことが見えていないので撤退も早いです。

安売りをするなとよく聞きますが、空港や都内の主要な販売店で実売マーケティングを行いましたが、人の多く集まるところでは価格を抑えた商品の方が出数も販売額も大きくなることが私どものデータでは証明されております。商材は大衆向けで老若男女、世界各国の文化の異なる方々をターゲットにしております。安売りをして、1人のお客様に10個、50個、100個の大量を売るのがお土産屋の醍醐味であり、「Sparkle®」ではそれを実践しております。

※安売りは薄利ではないのでご注意ください。競争できる価格です。

 

わかりやすいデザインを追求した商品

 

商標第6263184号

これまでのべ100万人以上のデータをもとに、東京を中心に観光客に携わる事業のサポートを行っております。

外国人目線で安心してお買い物ができるお店はどんなお店でしょうか?

近年、インバウンドを主としたまとめサイトが多くあります。私も「浅草 外国人 お土産 人気」などで検索したところたくさんのサイトがヒットしましたが、内容を確認すると、実データに基づかない筆者の主観が詰まった情報ばかりでした。俗にいうフェイクニュースです。

具体的に、地下足袋が1番人気のお土産とうたったサイトがありましたが、浅草仲見世の地下足袋が一番売れる店でも1日多くて30足です。このお店に当社の人気のマグネットを販売していますが、1日300個売れています。(2019年データ)また、Tシャツに甲冑をフルプリントした”なりきりTsyatu”が人気とも別サイトにありましたが、これも真っ赤なウソです。単純に侍と漢字で書いてあるTシャツの方が、冗談抜きに100倍売れます。私たちがニューヨークに行って30ドルの自由の女神の”なりきりTsyatu  “を買いますか?10ドルのNY USAとわかりやすいデザインのTシャツを買いますよね。

外国人に人気のお店は、日本の文化を押し売りしません。外国人目線で外国人にわかりやすい商品・サービスを提供しています。リラックスできるお店です。

実際、お土産をもらう方は日本を訪れたことのない外国人です。使い方のわからない日本独自のものをもらっても喜びようがありません。それよりはTシャツやキーホルダーなど使えるものが喜ばれます。

大量に売れるお土産とは、世界中の人が一目でわかる商品であることが前提で、それに日本ぽいデザインが加わったものです。難しい機能性などは必要ありません。

実際の外国人の声

・言葉やコミュニケーションができるお店にいきたい

・SNSで知ったお店で買い物をしたい

・値段のお得な激安店を知りたい、免税店でお得に買い物がしたい(絶対に高いお店で騙されたくない、世界の観光地ではぼったくりが横行しているため)

・お土産にはTシャツや衣料を選びたい(全体の40%)

・食べ物は宗教的に食べられないものが多いからお土産には避けたい(ムスリム)

外国人に人気店になるためのポイントは?

日本人をターゲットにするような、国内で行われているリピーター対策はぼぼ通用しません。具体的なポイントは、

・お得な割引の提案がある(浅草仲見世では定価以上で商品が販売されているところもありますが、やっぱり安いお店がすき)

・外国人観光客の文化に合わせた売り場創り(文化の許容性を持つ)

・ここでしか買えない商品が多数ある。長年培った経験があるお土産屋さん

・決済方法が豊富で、免税応対にもスピーディーに対応してくれる

・SNSなど世界とのコミュニケーションの扉が開いている

・POPが外国語、外貨が使える、道案内を行う、話しかけることで日本での買い物体験を売る、BGMで心をつかむ、etc.. 

などがあげられます。サービスを追及するとキリがないですが、最低限外国人を受け入れるためのポイントを3つ挙げてみます。

免税店である…お得に買い物がしたい(損したくない)のは、世界共通の想いです。楽しい旅行でお土産がお得に買えるなら訪日客も大満足〇。また免税店になることで言葉の障壁もクリアできます(東京都では免税店向けの外国語対応が無料です)
近年、免税手数料2%~3%をとるお店(サービス)をよく聞きますが、外国人からの評判は悪いです。免税手数料無料を掲示して外国人観光客に安心してもらいましょう。

電子決済…世界では現金よりも電子決済が主流です。(参照:JTB INBOUND SOLUTION)

WiFi …大切な情報源はスマホの検索です。自国とのアプリ通話をしながらお土産を選ぶお客さんはたくさんいますし、販売金額も上がります。(参照:訪日ラボ)

 

2020年コロナウイルスの影響で、インバウンド業界はもとより世界中で異変が起こりました。しかしこの困難を人間は乗り越えます。ふたたび旅行という人生において大いなる価値を生む経験は人には必要であり、本能が求める行動だと考えております。

日本でおいしい日本食を体験したい、空気を感じたい、文化やその土地だけの絶景の観たい、日本人とコミュニケーションしたい、今の自分を見つめなおすための旅行など、旅行をするべき理由はたくさんあります。

日本に旅行に来ていただいて、私たちはその旅行者の幸せを、私たちができることで感じて頂きその人の人生がより豊かになることを祈って事業に励みます。

TEL 03-6802-7661 Tシャツ・帽子のOEM・ODM/インバウンド向け商材総合卸
11:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

カネトミについて

 

 

 

 

ソーシャルメディア

 

 

 

 

ムスリム向けサービス

ムスリム向けサービス

浅草地区におけるインバウンドマーケティング

浅草の訪日観光客マーケティング
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGETOP
Copyright © Kanetomi Co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.