• HOME
  • 法人様向けサービス

法人様向けサービス

インバウンドマーケティングはよくありますが、
実店舗データに基づいたインバウンドはあまりありません。

法人様向けサービス

カネトミだからできること

現在、皆様もご存知の通り訪日外国人観光客が歴史的な増加をみせています。

また、2020年には東京オリンピックもあり、さらに訪日外国人の数は増えることが予想されています。

その流れに乗って、インバウンドで勝負に出られる法人の方も当然増えています。

さらに、どのように販売・展開していくかをサポートするためのインバウンドマーケティング会社も大変多くなっています。

しかし、特定の国や地域からのお客様に強い、半ば通訳兼インバウンドマーケターの方や、マクロの数値だけで判断されるコンサルティング会社も少なくありません。

カネトミは、一般的に課題とされるこのような地域の偏りや、実際の地域による商慣習の違い、実際に販売してみることの難しさなどを、逆に強みとしています。

浅草に店舗がある強み

弊社店舗は、浅草の仲見世通という場所のすぐそばにあります。

この場所は、毎日昼夜問わず外国人の方が行き交う外国人観光客の中心地であり、そちらにお店を構えています。

データだけでインバウンドマーケティングの戦略を取られる会社と一線を画しているのはこの点で、実際の訪日外国人の方と毎日膨大な数、直接触れ合っている点です。

机上の考えではなく、お客様の声から店舗へと反映し、反映したものがお店の売り上げ拡大へとつながっています。

これからインバウンドを戦略的に取り入れていきたいとお考えの法人様には、実際の接客に基づいたご提案が可能です。

インバウンドマーケティング

浅草に店を構えているのは当然弊社だけではありません。

数多くのお土産やさんや飲食店が軒を連ねています。

では、その複数ある他の店舗がインバウンドマーケティングに関する戦略を法人のお客様にご提案できるか。

おそらく答えは”NO”です。

理由は、日々の店舗運営に止まり、それを他に転用するということにまで及んでいないからです。

弊社のもう一つの強みはIT導入によって、データを取りながら運営を行っている点です。

よく、昔の八百屋さんに例を挙げられますが、八百屋さんは売り上げを一つのザルに入れ、そこから仕入れの費用も取り出します。

実は、古くからのお店はまだまだこういった方法を取られている方が少なくないのです。

この方法でわかるのは、「今日は儲かった」はわかりますが、「何がどのように売れた」かはわかりません。

もっというと、誰に?いつ?何が?いくらで?という細かい分析がとれなければ、「どうすれば売れるか?」を戦略をご提案することはできないと思います。

カネトミでは「実店舗 × データ」によるハイブリットで法人のお客様に、的確なご提案が可能です。

これから、訪日外国人に向けて何かを販売されたい何を売っていいかわからない売るものがないというお客様。

海外に向けて商品を展開したい、宗教・商慣習の違いがわからないというお客様

ぜひカネトミにご相談ください。

お問い合わせはこちら