東京の浅草地区における外国人観光客の動向

インバウンドマーケティング

2012年の訪日観光客のビザ緩和がきっかけで年々増加を経て2017年度には過去最高の訪日観光客数を記録しました。
今後はもっと増えることは予測できます。

浅草地区の商業環境もそれに伴い、外国人観光客向けの事業所が相次いで開業しています。
具体的に、宿泊施設や免税店着物レンタル店がそのほとんどです。
それ以外にも荷物預かり所などの開業もみられるがその需要は少なく苦戦しています。

外国人向けの事業が次次と開業する一方、すぐに廃業してしまう事業所も多い。

その理由に、過度な外国人需要を期待した無計画で金儲けのための開業に理由があると感じています。

先日もレンタル衣装やお土産屋が閉店した。

認知されていないことが最大の要因だろと推測されます。

成功しているお店はサービスの向上や外国人観光客の満足向上に取り組む事業所がSNSなどのツールを使って人気を拡大する傾向が実際に見受けられます。

詳しくはお問い合わせをを!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。